働くシニア応援サイト

  • 働くシニアの紹介
  • 個人向けページ
  • 企業向けページ
  • イベント・情報
  • 相談窓口

文字のサイズを変更

文字のサイズを変更(スマホ用)

  • 標準
  • 大きく

リレートーク

働く&地域デビュー

平成29年7月から平成30年1月まで県内4ヵ所でシニア活躍を応援する「アクティブシニア」リレートークを開催しました。

「 アクティブシニア 」リレートーク  講師からのメッセージ

※年齢は平成30年3月1日時点

第1回 リレートーク in 春日部

日時 平成29年7月17日(月・祝)
会場 ふれあいキューブ
講師 スポーツライター&キャスター青島 健太さん

青島さんは「青島流・元気のつくり方」をテーマに講演を行いました。日米の野球を比較し、慎重に物事を進める日本人の良さを挙げつつ、躊躇せずに「何か情報が入ったらまずやってみるのも、面白いと思います」と、新しいことへの挑戦を後押ししました。
また、プロ野球選手を引退した後に、オーストラリアで日本語教師をしていた際のエピソードを紹介しました。15人の生徒でチームを作り、野球の試合をしたときの話です。試合に出られるのは9人なので、6人を補欠としました。ところが、野球がやりたくて仕方がない6人は、守備になったら全員が守りに行ってしまいました。青島さんはベンチに戻るよう呼び掛けましたが、生徒は戻りません。そこで、その日は15人で野球をすることにしたところ、対戦相手である先生のチームはなんと25人で守っていました。考えてみたら、自由な発想でやることがスポーツの原点でした(笑)。
このことから青島さんは「経験や常識の中にいると自由にやってきたことが失われてしまう。今までの自分から少しはみ出させてくれる場所や体験、友達のおかげで元気が出る。自分の領域の中にいたら縮むしかない。はみ出しましょう!」とシニア世代の活躍を呼び掛けました。

青島健太さんによる講演

青島健太さんによる講演
「はみ出すことが、元気につながる」とシニアにアピールする青島健太さん

コント集団 ザ・ニュースペーパー番外編

コント集団"ザ・ニュースペーパー番外編"
この日のために創作したシニア向けコントを披露

イベントレポート!
アクティブシニアのためのワンデーテーマパーク

健康体操やリラクゼーションハンドセラピーなど4講座を行いました。
★他2つのイベントも行いました。

アクティブシニアのためのワンデーテーマパーク

第2回 リレートーク in 熊谷

日時 平成29年9月16日(土)
会場 熊谷文化創造館さくらめいと
講師 タニタの社員食堂 初代管理栄養士 後藤 恭子さん

後藤さんは管理栄養士として、ダイエットレシピなどで知られるタニタの社員食堂の立ち上げに尽力し、その礎を築いた実績があります。「健康で幸せなシニアライフを送る生活術」と題した講演では「健康になるか、病気になるかは食事で決まる」と話し、年齢を重ねても健康に暮らすための食事の大切さを強調 。おいしく楽しく食べる、バランスの取れた食事を心掛けるなど「今の元気を明日も続けていくための10か条 」を紹介しました。また 、毎日を元気で過ごすための秘訣として、生活の中で感動すること、興味や好奇心を持つことなどを挙げ、シニア世代に向け「これからも健康寿命を延ばし、埼玉県を盛り上げてほしい」とエールを送りました。
講演に先立ち、県立滑川総合高校書道部がステージで書道パフォーマンスを披露。軽快なダンスとダイナミックな筆さばきで作品を完成させ、会場を沸かせました。

今の元気を明日もつづけていくための10か条
① おいしく、楽しく食べる習慣を!
② 1日3食を欠かさず食べましょう
③ バランスのとれた食事を心がけましょう
④ エネルギー源やたんぱく質不足に注意しましょう
⑤ 牛乳や乳製品をしっかりとりましょう
⑥ 食事は良く噛んで食べましょう
⑦ 水分を充分にとりましょう
⑧ 食器や盛り付けにもひと工夫しましょう
⑨ 家族や友人と一緒に食べましょう
⑩ 活動的な生活を心がけましょう

後藤恭子氏による講演

後藤恭子氏による講演
食べることの大切さを訴えた後藤恭子さん

書道パフォーマンス

書道パフォーマンス
滑川総合高校書道部がパフォーマンスで盛り上げました。

イベントレポート!
リハビリのプロがあなたの体力を測定!

理学療法士が体力を測定、筋力アップのアドバイスを行いました。
★他5つのイベントを行いました。

リハビリのプロがあなたの体力を測定!

第3回 リレートーク in さいたま

日時 平成29年11月23日(木・祝)
会場 大宮ソニックシティ
講師 ラジオパーソナリティ 大野 勢太郎さん

大野勢太郎さんは「シニア」という言葉にとらわれず、自分らしく活動するために必要なことについて講演しました。好奇心を持って生きていければ「老いは訪れない」などと、自らの経験を紹介しながら熱く語り掛けました。
「シニアって誰のこと? いつも自分らしく思いのままに」というタイトルの講演で、古くなったきりを指す「閑古錐かんこすい」という言葉を紹介しました。人間でいえば、年を取るととがっていたものも丸くなって円熟した魅力が出てくる、そんな年の取り方を表した言葉です。大野さんは、「全部丸くなることがシニアとは思わない。自分自身が良いと思うことをやっていきたい」という話を披露。今までの恩返しの意味で、アナウンス塾を来年度に開講し、「声は人なり」という言葉を若者に教えていきたいと夢も語りました。最後に、「好奇心さえあれば老いは訪れない。衰えてきたという自覚を老いと思わず、うまく折り合いを付けてやっていくことが大事」と語り、シニア世代を応援しました。

大野勢太郎さんによる講演

大野勢太郎さんによる講演
好奇心があれば老いは訪れないと話す大野勢太郎さん

三遊亭天どんさんによる落語

三遊亭天どんさんによる落語
落語を披露し会場を沸かせた三遊亭天どんさん

体験レポート!
パネルディスカッション

「いつも自分らしく思いのままに」

地域活動について、パネラー自身の参加のきっかけや楽しみなどを紹介しました。

パネルディスカッション「いつも自分らしく思いのままに」

第4回 リレートーク in 川越

日時  平成30年1月13日(土)
会場  ウェスタ川越
講師 俳優・武道家 藤岡 弘、さん

 藤岡さんは「武士道から学ぶ〜生かされし我が命に感謝せよ!〜」をテーマに講演しました。愛媛県での幼少時代に厳しい父から武道を習い、「心の持ち方や生き方が分かるようになった。諦めたら終わりだという父の教えが、自分の精神を強くした」と振り返りました。一躍有名となった「仮面ライダー」では、撮影途中で大けがを負いましたが、「人生はサバイバル。リスクは当たり前」との父の言葉が支えになったと言います。武士道の精神について、人間の生涯は常に修行の連続だと語り、「生かされていることに感謝し、生き続けている間は挑戦や自己探求が必要」と声援を送りました。 国際ボランティアで訪れた国々では、紛争の中で生死をさまよう難民を目の当たりにし、人生観や価値観が変わったと熱弁。さらに、自らも団塊の世代であることから、「人間一人一人が天命を背負っている。残された時間で次代の子供たちに何を残し、何を託すのかを考えてほしい」と強調し、「命懸けでメッセージを送ることが私の使命」と、会場へ訴え掛けました。

藤岡弘、さんによる講演

藤岡弘、さんによる講演
武士道をテーマに「生き方」について熱く語った藤岡弘、さん

合同企業説明会

合同企業説明会
シニアの雇用に積極的な企業など14社・団体が参加

体験レポート!
まちづくりミニシンポジウム

まちの多様な魅力を伝えるNPOなどとともに、まちに「残したいもの」を考えました。

体験レポート!まちづくりミニシンポジウム

メッセージボードの紹介

シニアの活躍に関するメッセージ

「アクティブシニア」リレートークの会場では、来場者の皆さんからシニアの活躍に関するメッセージをいただきました。仕事や地域活動、趣味、健康などさまざまなメッセージがあります。是非、御覧ください。

平成29年7月17日(月曜日・祝日)開催
春日部会場でのメッセージ

平成29年9月16日(土曜日)開催
熊谷会場でのメッセージ

平成29年11月23日(木曜日・祝日)開催
さいたま会場でのメッセージ

平成30年1月13日(土曜日)開催
川越会場でのメッセージ

彩の国シニア応援大使三遊亭 鬼丸

TOPへ戻るボタン